特定非常災害によるJWNET基本料減免について

JWNET基本料減免の申請手続きの受付は終了しております。

JWセンターでは、特定非常災害の適用地域のJWNET利用者のうち、一定の条件を満たした利用者の基本料を一定額免除いたします。

JWNET基本料減免の申請手続き

免除料金

災害時の年間基本料の2分の1

免除条件

次の条件(適用地域、および一定期間利用実績がないこと)をすべて満たすこと

  • 加入者の住所、排出事業場、積替・保管施設、処分事業場のいずれかが、下表の適応地域であること
  • JWセンターが定める期間において、利用実績(予約/登録及び運搬終了報告・処分終了報告・最終処分終了報告)がないこと
対象となる特定非常災害 適用地域 利用実績がない期間
令和2年7月豪雨 PDF 山形県以外 令和2年 7月 4日 から 7月17日
山形県 令和2年 7月28日 から 8月10日
令和元年台風19号 PDF、以下を含む
千葉県PDF
東京都(島しょ大島町)PDF
令和元年10月12日 から 10月25日
平成30年7月豪雨 PDF 平成30年 7月 5日 から 7月18日

申請から減免までの流れ

  • 条件を満たしているか確認後、申請ページから申請してください。
  • JWセンターは、条件に満たしているか判定します。
  • 申請内容を確認し、減免の判定結果をメールにて通知(申請受領後2週間以内)します。
  • 令和3年4月の請求にて、減免額が差し引かれます。

利用実績の確認方法はこちら

申請ページはこちら

申請受付の締切日

令和3年3月10日受付分まで

申請ページ

対象となる特定非常災害 申請ページ
令和2年7月豪雨 山形県以外 受付終了
山形県 受付終了
令和元年台風19号 受付終了
平成30年7月豪雨 受付終了

利用実績の確認方法
(マニフェストの登録・終了報告の確認方法)

「マニフェスト情報の照会」画面から次の検索条件を設定し、検索結果でマニフェスト情報が抽出されないことをご確認ください。

排出事業者の方

操作マニュアル「6-1 マニフェスト情報の照会(1-2-56ページ)」

検索条件

登録状態「予約/登録」、取消区分「指定なし」、日付情報「登録日」を選択し、免除条件の利用実績がない期間を設定し、検索。

収集運搬業者の方

操作マニュアル「5-1 マニフェスト情報の照会(1-3-12ページ)」

検索条件

登録状態「予約/登録」、取消区分「指定なし」、日付情報「登録日」を選択し、免除条件の利用実績がない期間を設定。運搬終了報告情報「報告済」を選択し、検索。

処分業者の方

操作マニュアル「6-1 マニフェスト情報の照会(1-4-16ページ)」

検索条件

登録状態「予約/登録」、取消区分「指定なし」、日付情報「登録日」を選択し、免除条件の利用実績がない期間を設定。
①処分終了報告情報「報告済」を選択し、検索。
②最終処分終了報告情報「報告済」を選択し、検索。

ページトップへ