目的・沿革

目的

JWセンターは、産業廃棄物を主体とする廃棄物処理の適正化を図り、
産業の発展及び生活環境の保全と公衆衛生の向上に寄与することを目的として活動しております。

沿革

1988年11月30日
(昭和63年)
財団法人 日本産業廃棄物処理振興センターは、社団法人 日本廃棄物対策協会が発展的に解散し設立されました。
(厚生大臣認可、厚生省生衛第1544号)
1998年 7月 1日
(平成10年)
平成9年に改正された「廃棄物処理法」の規定に基づき、電子情報による新たなマニフェスト制度に係る「情報処理センター」として厚生省より指定されました。
(厚生大臣指定、厚生省収生衛第883号)
2001年 1月 6日
(平成13年)
省庁再編により、所管が厚生省から環境省へ移管されました。
2011年11月14日
(平成23年)
事務所を中央区日本橋堀留町から千代田区二番町に移転しました。
2012年 4月 1日
(平成24年)
公益財団法人に移行しました。
ページトップへ