ページの先頭です。
本文へジャンプする。
講習会・研修会

処理業(更新)講習会 Web申込みの前に
産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(更新)

処理業(更新)講習会 受講対象者

この講習会は、「処理業(更新)講習会」です。受講対象者をご確認ください。

受講対象者

1.処理業の更新許可を受けようとする方
・産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の収集・運搬業の許可を受けようとする方
・産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の処分業(中間処理、最終処分)の許可を受けようとする方

2.産業廃棄物処理に必要な知識と技能を習得しようとする方

受講資格

学歴、実務経験、国籍等での資格要件は特にありません。
講習会の講義及び修了試験は、全て日本語のみで行います。

受講者に関する留意事項1(法人の代表者)をご確認ください。

処理業の許可を受けることを目的として受講する方は次の事項をご確認ください。
【重要】都道府県・政令市によっては、その取扱いが異なる場合がありますのであらかじめ確認してください。

許可申請者が法人の場合

法人の代表者若しくはその業務を行う法人の役員又は業を行おうとする区域にある事業場の代表者

許可申請者が個人の場合

申請者又は業を行おうとする区域にある事業場の代表者

過去に当センターの講習会を修了したことがない場合

行政機関から「新規許可講習会」を受講するよう指導がある場合がございます。

受講者に関する留意事項2(欠格要件)をご確認ください。

処理業の許可に関しては、欠格要件が定められています。
参考資料[PDF(3.73MB)] 「第7条第5項第4号」参照
このため業の許可申請にあたっては、申請者又は法人の代表者、役員等に欠格要件に該当する者がいると許可を得ることができません。
(欠格要件の例)
禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者 等