ページの先頭です。
本文へジャンプする。
講習会・研修会

放射性物質汚染廃棄物の処理に関する講習会

講習会の目的

東日本大震災から約5年が経過し、福島第一原子力発電所の事故による放射性物質に汚染された廃棄物や土壌等の処理は、国、地方公共団体や関係原子力事業者がそれぞれの責任で進めています。
汚染レベルの低い(8,000ベクレル/kg以下)廃棄物は、廃棄物処理法に基づいて市町村あるいは事業者によって処理されることとされ、一部の市町村などで処理が進められつつあり、今後、廃棄物処理業者への委託により処理されることが予想されます。
本講習会は、産業廃棄物処理業者が低レベル放射性物質汚染廃棄物の処理を適正かつ安全に行えるよう、放射性物質汚染対処特措法及び関係法令や、放射性物質汚染廃棄物の処理に関する安全管理などの修得を目的として実施します。

対象者

※ 本講習会は、放射性物質汚染廃棄物の適正処理等に関する知識の習得を目的として実施するものであり、資格取得や業の許可申請に利用できるものではありません。

受講料

5,000円(テキスト代、消費税を含む)

主催

主催:(公財)日本産業廃棄物処理振興センター
共催:(一社)福島県産業廃棄物協会

開催日程

開催地 開催日 会場名 定員
未定
未定
未定
未定

平成28年度も引き続き開催を予定しております。
開催日程等の詳細が決まり次第、本ページでご案内いたします。

プログラム(予定)

時間 内容
13:30~14:00 受付
14:00~14:10 開会・挨拶
14:10~16:40
(休憩あり)
(1)放射性物質に関する基礎知識について
・基礎知識、安全衛生管理
(2)放射性物質汚染対処特措法について
・特措法の解説、規則の見直し
(3)中間貯蔵のパイロット輸送から見る今後の除去土壌等の運搬について
・中間貯蔵のパイロット輸送の実施状況、安全管理
16:40~17:00 受講証明書の交付

申込手続きの流れ

平成28年度も引き続き開催を予定しております。
開催日程等の詳細が決まり次第、本ページでご案内いたします。