トップページ > 刊行物 > メールマガジン > バックナンバー > 第137号


第137号(2019年1月15日発行)

■年頭のご挨拶■
  新たな10年の取組み

【重要情報、注目情報】
電子マニフェストの普及拡大にむけたロードマップの策定について
2019年度講習会の開催日程の公表日について
産業廃棄物マネジメント研修会
平成30年度PCB廃棄物の収集運搬業作業従事者講習会のご案内
講習会のWeb申込み割引料金の適用について

【機関誌「JWセンター情報」】
【目次】
1.電子マニフェストに関するお知らせ
(1)重要なお知らせ
(2)電子マニフェスト導入説明会
(3)電子マニフェストよくある質問
(4)その他
2.講習会に関するお知らせ
3.産業廃棄物の適正管理に関する研修会開催に関するお知らせ
4.刊行物のご案内
5.産廃最新情報




JWNET座談会 「電子マニフェストの明日を語る」

JWセンターでは、電子マニフェストシステムの利便性向上を図りつつ普及促進を着実に進めるとともに、平成30年を「電子マニフェストデータ利活用元年」と位置づけ、収集される膨大なデータの有効な利活用方法を検討しています。
今後の普及促進や電子マニフェスト情報の利活用等をテーマに、産業廃棄物の規制等を指導監督する立場の自治体のご担当者にお集まりいただき、座談会を開催いたしました。
その模様を紹介いたします。

続きは、「JWセンター機関誌 2019.01冬号」をご参照ください。




電子マニフェストの普及拡大にむけたロードマップの策定について

6月に閣議決定された第四次循環型社会形成推進基本計画において、「2022年度の電子マニフェスト普及率を70%にする」「廃棄物分野において電子化された、電子マニフェストを含む各種情報の活用を推進する」との目標が掲げられました。 これらをふまえ、環境省は平成30年10月に電子マニフェストの普及拡大に向けたロードマップを策定しました。
事業者の加入促進、行政機関による利用促進、電子マニフェストシステムの改善、電 子マニフェスト情報の有効活用の検討等の施策が打ち出されています。

詳細は、こちら(環境省HP)をご参照ください。

【お知らせ】

電子マニフェスト普及状況(平成30年12月度)

平成30年12月度の電子マニフェスト登録件数等は、以下のとおりです。
・ 12月度月間登録件数
 2,514千件(前年同月2,451千件、前年同月比:2.6%増)

・ 直近1年間の登録件数(平成30年1月〜平成30年12月)
28,464千件 電子化率57%

詳細は、 こちらをご参照ください。

環境省、都道府県・政令市、全国産業資源循環連合会・各都道府県産業廃棄物協会の協力のもと、全国各地で、次の電子マニフェスト導入説明会を開催しています。

〇電子マニフェスト導入実務研修会(参加費:無料)
電子マニフェストの仕組みと導入のメリットの説明、紙マニフェストから電子マニフェストへの円滑な移行方法、業界別の具体的な運用方法等を重点とした研修会です。
1月開催:鳥取会場
2月開催:宮崎会場、山口会場、茨城会場、島根会場、福島会場、埼玉会場

〇電子マニフェスト操作体験セミナー(参加費:無料)
インターネットに接続されたパソコンで、電子マニフェストのデモシステムを利用した操作体験を行い、操作性や電子マニフェスト利用のメリットを体験してもらうためのセミナーです。
 2月開催:大阪会場、三重会場、兵庫会場、山口会場、東京会場、岡山会場、栃木会場
 3月開催:福岡会場、奈良会場、兵庫会場、神奈川会場、東京会場


開催日程、参加申込は、こちら

※申込受付は、定員になり次第締め切ります。お早めにお申込みください。

JWNETサポートセンターへの問合せやFAQから、質問の多い項目をピックアップしています。
修正(取消)の「承認」(または「否認」)の操作はどのようにしたらよいのですか。
排出事業者のマニフェスト登録期限は3日以内と定められていますが、廃棄物を引き渡した当日も含まれますか。また、土日祝や連休(GW、お盆、正月)はどのような扱いとなりますか。
加入者情報(代表者名や担当者名、請求書送付先等)の変更はどのような手続きが必要ですか。

JWNETサポートセンターに問合せの多い質問は、JWNETホームページのFAQに掲載していますのでご参照ください。

○ すでに加入されている方は、こちらをご参照ください。

○ 加入されていない方は、こちらをご参照ください。

JWNETへのログインは、以下のアドレスからアクセスすることができます(EDI方式を除く)。

・ パソコン版のログインURLはこちら
  https://www.jwnetweb.jp/wusr/index.html

・ スマートフォン・タブレット版のログインURLはこちら
  https://www.jwnetweb.jp/wusr/mobile/index.html
  ※パソコンでスマートフォン・タブレット版は利用できません。




2019年度講習会の開催日程の公表日について

2019年度講習会の開催日程は、以下の日時に公表いたします。
受講の申込受付は2019年4月1日(月)から開始します。

・2019年2月 1 日(金)午前9時:2019年4月及び5月の開催日程
・2019年3月25日(月)午前9時:2019年度すべての開催日程

受付機関(各都道府県協会)からの「受講の手引き」の配布は平成31年3月25日より開始いたします。

産業廃棄物マネジメント研修会

産業廃棄物を排出される企業における、産業廃棄物処理の実務を担当される方を対象にした基礎講座です。産業廃棄物を適正に処理するために必要な、廃棄物処理法をわかりやすく解説するとともに、産業廃棄物を処理業者に委託して処理するために必要な、委託契約やマニフェスト運用等の実務に関する基礎知識とポイントを学ぶことができる研修会です。

○ 産業廃棄物マネジメント研修会
下記の排出事業者様は必見!!
「3月8日(金) 鹿児島会場」―受付中!!


なお、本講習会の申込方法はWeb申込みのみとなります。

平成30年度PCB廃棄物の収集運搬業作業従事者講習会のご案内

平成30年度 PCB廃棄物の収集運搬業作業従事者講習会の申込みを受け付けています。

詳細は、こちらをご参照ください。

なお、本講習会の申込方法はWeb申込みのみとなります。

講習会のWeb申込み割引料金の適用について

次の講習会について、Webから申込みいただいた場合、割引料金(500円引き)が適用されます。
【対象講習会 :新規講習会 / 更新講習会 / 特管責任者講習会】
また、Webから申込みいただくと、試験結果の書類発送前に、マイページ画面で試験結果を確認することができます

詳細は、こちらをご参照ください。

【ご案内】

講習会テキスト用語集(処理業講習会:処分課程)のページについて

産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会の処分課程(新規・更新)の「計測管理」、「最終処分」科目には難しい専門的な用語が多いため、講習会の講義の理解を深める目的で、「講習会テキスト用語集」のページを開設しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

【ご案内】

特別管理責任者講習会修了者専用ページについて

「特別管理責任者講習会修了者のページ」を開設しています。
このページでは過去5年間の関係法令の改正内容や関連する情報をご確認いただくことができます。

詳細は、こちらをご参照ください。

【ご案内】

産業廃棄物処理業者の講習会

産業廃棄物処理業の許可を受けようとする方等を対象に、産業廃棄物の適正な処理を行うために必要な専門的知識と技能を修得するための講習会です。
廃棄物の広域認定制度の認定を受けようとする方、使用済み小型電子機器等の再資源化事業計画の認定を受けようとする方(委託先事業者含む)も対象となります。

○ 産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規)

○ 産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(更新)

「開催日程・空席状況 Web申込みはこちら」から、課程・開催地・開催月での検索ができます。
Web申込みまたは書面申込みによりお申込みできます。
上記の検索機能でご確認の上、申込方法を選択してください。

【ご案内】

特別管理産業廃棄物を生ずる事業場に義務付けられている管理責任者の講習会

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性のある特別管理産業廃棄物を生ずる事業場に、設置が義務付けられている特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を取得するための講習会です。

○ 特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会

○ 医療関係機関等を対象にした特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会
(公益社団法人日本医師会共催)

「開催日程・空席状況 Web申込みはこちら」から、課程・開催地・開催月での検索ができます。
Web申込みまたは書面申込みによりお申込みできます。
上記の検索機能でご確認の上、申込方法を選択してください。

【ご案内】

PCB廃棄物の収集運搬業者の講習会

PCB廃棄物の収集運搬業の許可については、廃棄物処理法施行規則第10条の13第2号ロの規定により、「当該業務に直接従事する者は、当該廃PCB等の性状に関し特に注意すべき事項などの十分な知識及び技能を有すること」が定められています。これらに関する知識及び技能の修得を目的とした講習会です。

○ PCB廃棄物の収集運搬業作業従事者講習会
なお、本講習会の申込方法はWeb申込みのみとなります。



【ご案内】

放射性物質汚染廃棄物の処理に関する講習会

放射性物質汚染廃棄物の処理に携る産業廃棄物処理業者等を対象に、放射性物質汚染廃棄物の処理を適正かつ安全に行っていただくために、放射性物質汚染対処特措法および関係法令や、放射性物質汚染廃棄物の処理に関する安全衛生管理などの修得を目的とした講習会です。

○ 放射性物質汚染廃棄物の処理に関する講習会



【ご案内】

JWセンター機関誌「JWセンター情報 2019年冬号」の発行

最新号(2019年冬号)を、1月15日に発行いたしました。
機関誌は、こちらよりご覧いただけます。
<JWセンター情報 2019年冬号(平成31年1月15日発行)
【主な掲載内容】
・年頭挨拶、年頭所感
・30周年記念企画
・JWNET座談会…「電子マニフェストの明日を語る」
・事業報告…「電子マニフェスト情報の有効活用方策の検討のための調査について」
・連載講義…「廃棄物」から「資源」へ大きな潮流にむけての視点(第4回)
・産廃クローズアップ…「埼玉県環境整備センター、彩の国資源循環工場」
・行政のうごき…
電子マニフェスト普及拡大に向けたロードマップの策定について
優良産廃処理業者の育成と活用の推進に向けた取り組みについて(金沢市)
・電子マニフェストユーザ事例紹介…浜松ホトニクス(株)   ほか

【お知らせ】

書籍のご案内

廃棄物の処理及び清掃に関する法律、施行令、施行規則を収載した「平成30年版廃棄物処理法令(三段対照)・通知集」を販売しています(残り僅かです)。

○ 【新刊】平成30年版廃棄物処理法令(三段対照)・通知集


◆法律、施行令、施行規則を三段対照で分かりやすく表示
◆改正法の準用や読替えについて、改正後の条文に整理して収載
◆排出事業者及び産業廃棄物処理業者に関わりのある通知を最新内容まで厳選して収載
◆放射性物質汚染廃棄物関係の環境省通知のほか、労働安全衛生対策及び電離放射線障害防止規則等に関する厚生労働省通知を収載

<正誤表>記載に一部誤りがありました。訂正内容はこちらをご覧ください。

定価4,644円(本体4,300円+税) 送料 実費

○ 建設廃棄物適正処理マニュアル
定価2,571円(本体2,381円+税) 送料350円

書籍の購入は、こちらよりお申込ください。



○ 環境省

シンポジウム「資源循環から考える地域でのSDGsの実現─エコタウンから地域循環共生圏へ─」の開催について

産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成29年度)について

産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成28年度実績)について

平成29年度廃家電の不法投棄等の状況について

ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて

ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト

○ 経済産業省

家電4品目(家庭用機器)を使用している事業者の皆様へ

解体工事業者の皆様へ 家電4品目は「正しく」リサイクルしてください

事業所から排出される家電4品目(事業所で使用されていた家庭用機器)について

○ その他

<(一財)日本環境衛生センター>

「SWAPI 第18回アジア太平洋廃棄物専門会議」



◎「JWセンターNEWS」の新規配信登録・配信停止
このメールの新規配信登録・配信停止は、お手数ですが、以下よりお手続ください。
「JWセンターNEWS」新規配信登録
「JWセンターNEWS」配信停止

配信先の変更は、現在登録されているメールアドレスの配信停止後に、変更後のメールアドレスで新規配信登録をしてください。

◎「JWセンターNEWS」が閲覧できない方
「JWセンターNEWS」はHTML形式で配信いたします。
閲覧できない方は、バックナンバーのページをご覧ください。


※ このメールは、送信専用のメールアドレスで配信しています。
このメールに返信されても、ご返信内容の確認およびご返答ができません。
各種のお問合せは お問合せフォームをご利用ください。


公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)

〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア7階
http://www.jwnet.or.jp/
このページのトップへ