トップページ > 刊行物 > メールマガジン > バックナンバー > 第109号


第109号(2017年11月15日発行)

【重要情報、注目情報】
【機関誌「日廃振センター情報」】
【目次】
5.産廃最新情報
  【注目】 ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて




「緊急特別企画」 産廃行政の歴史を学ぶ会 〜歴代産廃課長大いに語る〜

環境省に環境再生・資源循環局が新設され、「産業廃棄物課」から「廃棄物規制課」になった機会に、歴代9名の産業廃棄物課長にこれまでの産廃行政を振り返り語っていただく会が当センターで開催されました。
当時の懸案事項の背景や苦労話など、歴代の課長が語った内容をご紹介します。
ぜひご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------
由田 秀人 初代課長(期間 H13.1.6〜14.7.1)

 私は平成13年1月の省庁再編で環境省が発足し、廃棄物行政が厚生省から環境省に移管され廃棄物・リサイクル対策部(廃リ部)が設置されたときに、初代の産廃課長に就任しました。それまでは、厚生省で産業廃棄物対策室長など産業廃棄物行政に長く携わってきました。今日は、PCB廃棄物処理事業を中心にお話しさせていただきます。
 13年6月にPCB特別措置法と環境事業団法改正が制定されますが、この前後が私が取り組んだ時代です。その続きはお隣の森谷課長に3年の長きにわたり担当していただきました。
 13年1月当時、PCBに関して、………

続きは、「日廃振センター機関誌 2017.10秋号」をご参照ください。





「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」の産業廃棄物分類コード追加に伴う注意事項

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部改正に伴い、廃棄物分類コードに「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」のコードを追加しました。「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」について適切な廃棄物コードを設定してください。
詳細は、こちらをご参照ください。

【お知らせ】

スマートフォン・タブレット版の利用推奨環境の変更について

スマートフォン・タブレット版について、次の環境で正常に動作することを確認いたしましたので、当該機能の利用推奨環境を変更いたします。
詳細は、こちらをご参照ください。

【追加される利用推奨環境】
(1)Android 8.0
(2)iOS 11.0

【お知らせ】

電子マニフェスト普及状況(平成29年10月度)

平成29年10月度の電子マニフェスト登録件数等は、以下のとおりです。
・ 10月度月間登録件数
 2,281千件(前年同月2,019千件、前年同月比:13.0%増)

・ 直近1年間の登録件数(平成28年11月〜平成29年10月)
25,387千件 電子化率51%

詳細は、 こちらをご参照ください。

電子マニフェスト料金値下げのお知らせ

平成29年4月1日より、少量排出事業者を中心とする利用者の経済的負担の軽減を図るとともに、電子マニフェストの一層の普及拡大を図る観点から、排出事業者のB料金基本料を2,160円/年から1,944円/年に、B料金とC料金及び処分業者のB料金(処分報告機能+2次登録機能)の使用料を32.4円/件から21.6円/件に値下げしました。
是非ご加入ください。

詳細は、こちらをご参照ください。

<料金改定の内容>


環境省、都道府県・政令市、全国産業廃棄物連合会・各都道府県産業廃棄物協会の協力のもと、全国各地で、次の電子マニフェスト導入説明会を開催しています。

○電子マニフェスト導入実務研修会(参加費:無料)
電子マニフェストの仕組みと導入のメリットの説明、紙マニフェストから電子マニフェストへの円滑な移行方法、業界別の具体的な運用方法等を重点とした研修会です。
12月開催:東京会場、北海道会場、滋賀会場、高知会場

【環境省受託事業 電子マニフェスト導入説明会開催】
平成29年6月の廃棄物処理法改正により、今後、特定の産業廃棄物を多量に排出する事業者に電子マニフェストの使用が義務化されることとなりました。
このたび、電子マニフェスト使用の義務化の対象となることが想定される特別管理産業廃棄物の多量排出事業者等を対象とする、電子マニフェスト導入説明会を開催いたします。
※説明内容
(1)改正廃棄物処理法の概要 (15分)
(2)電子マニフェストの仕組みと運用 (105分)
12月開催:岐阜会場
 1月開催:兵庫会場、長野会場、岡山会場
 2月開催:宮城会場、熊本会場、栃木会場

○電子マニフェスト操作体験セミナー(参加費:無料)
インターネットに接続されたパソコンで、電子マニフェストのデモシステムを利用した操作体験を行い、操作性や電子マニフェスト利用のメリットを体験してもらうためのセミナーです。
11月開催:徳島会場、北海道会場、岐阜会場
12月開催:兵庫会場、神奈川会場、福岡会場、愛媛会場、北海道会場、大阪会場、群馬会場、東京会場

【電子マニフェスト操作体験セミナー 応用編】
CSVファイルを活用して複数件数のマニフェストをまとめて登録する方法等、効率的に電子マニフェスト登録・運用ができる操作方法を体験していただくセミナーを開催します。
開催日:平成29年12月21日(木)14時〜16時 東京会場

○電子マニフェスト個別導入相談会(参加費:無料)
電子マニフェストの導入についての個別相談会です。加入の単位、操作方法や具体的な運用方法など疑問点や質問に相談員が対応します。
11月開催:北海道会場
12月開催:高知会場、北海道会場、群馬会場

開催日程、参加申込は、こちら

※申込受付は、定員になり次第締め切ります。お早めにお申込みください。

JWNETサポートセンターへの問合せやFAQから、質問の多い項目をピックアップしています。
排出事業者のマニフェスト登録期限(3日)は廃棄物を引き渡した当日も含まれますか。また、土日祝や連休はどのような扱いとなりますか。
公開確認番号(旧:公開パスワード)はどこから確認できますか。
マニフェストの修正(取消)はできますか。
JWNETサポートセンターに問合せの多い質問は、JWNETホームページのFAQに掲載していますのでご参照ください。

○ すでに加入されている方は、こちらをご参照ください。

○ 加入されていない方は、こちらをご参照ください。

JWNETへのログインは、以下のアドレスからアクセスすることができます(EDI方式を除く)。

○パソコン版のログインURLはこちら○
 https://www.jwnetweb.jp/wusr/index.html

○スマートフォン・タブレット版のログインURLはこちら○
 https://www.jwnetweb.jp/wusr/mobile/index.html
 ※パソコンでスマートフォン・タブレット版は利用できません。




講習会テキスト用語集(処理業講習会:処分課程)のページの開設

産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会の処分課程(新規・更新)の「計測管理」、「最終処分」科目には難しい専門的な用語が多いため、講習会の講義の理解を深める目的で、新たに「講習会テキスト用語集」のページを開設いたしました。

詳細は、こちらをご参照ください。

特別管理責任者講習会修了者専用ページの開設

「特別管理責任者講習会修了者のページ」を開設いたしました。
このページでは過去5年間の関係法令の改正内容や関連する情報をご確認いただくことができます。

詳細は、こちらをご参照ください。

平成29年度 講習会のWeb申込み割引料金の適用について

平成29年度の次の講習会について、Webから申込みいただいた場合、割引料金(500円引き)が適用されます。
【対象講習会 :新規講習会 / 更新講習会 / 特管責任者講習会】
また、Webから申込みいただくと、試験結果の書類発送前に、マイページ画面で試験結果を確認することができます

詳細は、こちらをご参照ください。

【ご案内】

産業廃棄物処理業者の講習会

産業廃棄物処理業の許可を受けようとする方等を対象に、産業廃棄物の適正な処理を行うために必要な専門的知識と技能を修得するための講習会です。
廃棄物の広域認定制度の認定を受けようとする方、使用済み小型電子機器等の再資源化事業計画の認定を受けようとする方(委託先事業者含む)も対象となります。

○ 産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規)

○ 産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(更新)

特別管理産業廃棄物を生ずる事業場に義務付けられている管理責任者の講習会

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性のある特別管理産業廃棄物を生ずる事業場に、設置が義務付けられている特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を取得するための講習会です。

○ 特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会

○ 医療関係機関等を対象にした特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会
(公益社団法人日本医師会共催)

【ご案内】

PCB廃棄物の収集運搬業者の講習会

PCB廃棄物の収集運搬業の許可については、廃棄物処理法施行規則第10条の13第2号ロの規定により、「当該業務に直接従事する者は、当該廃PCB等の性状に関し特に注意すべき事項などの十分な知識及び技能を有すること」が定められています。これらに関する知識及び技能の修得を目的とした講習会です。

平成29年度開催分の申込受付中です。
なお、本講習会の申込方法はWeb申込みのみとなります。

詳細は、こちらをご参照ください。



産業廃棄物マネジメント研修会

産業廃棄物を排出される企業における、産業廃棄物処理の実務を担当される方を対象にした基礎講座です。産業廃棄物を適正に処理するために必要な、廃棄物処理法をわかりやすく解説するとともに、産業廃棄物を処理業者に委託して処理するために必要な、委託契約やマニフェスト運用等の実務に関する基礎知識とポイントを学ぶことができる研修会です。

○ 産業廃棄物マネジメント研修会

なお、本講習会の申込方法はWeb申込みのみとなります。

放射性物質汚染廃棄物の処理に関する講習会

放射性物質汚染廃棄物の処理に携る産業廃棄物処理業者等を対象に、放射性物質汚染廃棄物の処理を適正かつ安全に行っていただくために、放射性物質汚染対処特措法および関係法令や、放射性物質汚染廃棄物の処理に関する安全衛生管理などの修得を目的とした講習会です。

○ 放射性物質汚染廃棄物の処理に関する講習会


平成29年度開催分申込受付を開始いたしました。



【ご案内】

JWセンター機関誌「日廃振センター情報 2017年秋号」の発行

最新号(2017年秋号)を、10月16日に発行いたしました。
機関誌は、こちらよりご覧いただけます。
<日廃振センター情報 2017年秋号(平成29年10月16日発行)
【主な掲載内容】
・緊急特別企画…産廃行政の歴史を学ぶ会 〜歴代産廃課長大いに語る〜
・事業報告…調査部「産業廃棄物循環圏域実態調査業務の概要について」
・連載講義…廃棄物処理施設の課題(第3回)
・産廃クローズアップ…大成建設(株) 建設再生資源の巡回回収システムの紹介
・行政のうごき…大分県における産業廃棄物適正処理に向けた取組について
・電子マニフェストユーザ事例紹介…(株)京葉興業   ほか

書籍のご案内

廃棄物の処理及び清掃に関する法律、施行令、施行規則を収載した「平成29年版廃棄物処理法令(三段対照)・通知集」を販売しています。
○ 【新刊】 平成29年版廃棄物処理法令(三段対照)・通知集

◆法律、施行令、施行規則を三段対照で分かりやすく表示
◆改正法の準用や読替えについて、改正後の条文に整理して収載
◆排出事業者及び産業廃棄物処理業者に関わりのある通知を最新内容まで
厳選して収載
◆放射性物質汚染廃棄物関係の環境省通知のほか、労働安全衛生対策及び
電離放射線障害防止規則等に関する厚生労働省通知を収載
<正誤表>
 平成29年7月12日初版を購入された方はこちら
 平成29年8月15日初版第2刷を購入された方はこちら

定価4,320円(本体4,000円+税) 送料 実費
○ 建設廃棄物適正処理マニュアル
定価2,571円(本体2,381円+税) 送料350円

書籍の購入は、こちらよりお申込ください。

【ご案内】

「JWセンター事業の概要(平成29年10月版)」の発行

JWセンター事業に関する最新情報を紹介した「JWセンター事業の概要(平成29年10月版)」を発行いたしました。

こちらよりご覧いただけます。



○ 環境省

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令案等に対する意見の募集(パブリックコメント)について

災害廃棄物対策に関するシンポジウムの開催について

低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理の認定申請について(東芝環境ソリューション株式会社)

特定有害廃棄物等の範囲、再生利用等事業者等の認定制度等に関する検討会(第3回)の開催について

平成29年度低炭素型廃棄物処理支援事業補助金(廃棄物収集運搬車の低燃費化を図る事業)の公募について


ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて

ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト

○ 経済産業省

PCBについての基本情報や処理方法等に関してまとめた動画について


◎「JWセンターNEWS」の新規配信登録・配信停止
このメールの新規配信登録・配信停止は、お手数ですが、以下よりお手続ください。
「JWセンターNEWS」新規配信登録
「JWセンターNEWS」配信停止

配信先の変更は、現在登録されているメールアドレスの配信停止後に、変更後のメールアドレスで新規配信登録をしてください。

◎「JWセンターNEWS」が閲覧できない方
「JWセンターNEWS」はHTML形式で配信いたします。
閲覧できない方は、センターのホームページ 5.バックナンバーをご覧ください。


※ このメールは、送信専用のメールアドレスで配信しています。
このメールに返信されても、ご返信内容の確認およびご返答ができません。
各種のお問合せは お問合せフォームをご利用ください。


公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター

〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア7階
http://www.jwnet.or.jp/
このページのトップへ