ページの先頭です。
本文へジャンプする。

システムの概要

東日本大震災により発生した災害廃棄物の処理を支援するために、電子マニフェストシステムをベースとした「JW災害廃棄物処理支援システム」(JW災害支援システム)を提供しています。

仕組み

JW災害支援システムでは、災害廃棄物に対応した専用の分類コードから「廃棄物の種類」を選択することができます。
市町村等による①種類、②処理量、③処理委託先、④処理に伴う料金等の登録、および収集運搬業者・処分業者による処理終了報告が可能です。登録した情報の検索・集計ができるなど、電子マニフェストシステムと同様の仕組みです。
また、備考欄を活用して、放射性物質により汚染された恐れのある災害廃棄物の放射性物質濃度等を入力するなどの運用も可能です。

図1 JW災害支援システム運用の流れ
図1 JW災害支援システム運用の流れ

利用対象者

災害廃棄物処理の際、JW災害支援システムを利用する市町村等、およびその市町村等から委託を受けて災害廃棄物の収集運搬を行う若しくは処分を行う方

災害廃棄物の分類

災害廃棄物専用分類表はこちら

利用料金

  1. 支払対象:市町村等、2次マニフェストを登録する中間処理業者
  2. 料金:使用料 18円/件 (税別)
    ※基本料は必要ありません

利用手続き

利用手続きはこちら