ページの先頭です。
本文へジャンプする。

事例2 リース業における導入事例

CSVデータを活用して社内システムで廃棄物情報の一元管理

リース会社の例ではリースアップ物件が最終処分まで処理されたことを確認した後、マニフェスト情報を情報処理センターよりダウンロードして、社内の資産管理システムに取り込みます。
取り込んだマニフェスト情報の連絡番号欄にリース物件の契約番号が入力されているため、社内の資 産管理システムで自動的に資産の除却が行われ、事務の効率化が図られています。

図 運用の手順
図 社内システムの連携